PR

ニュース 政治

コロナ踏まえ働き方改革を 公明若手が首相に提言

安倍晋三首相(中央)へ申し入れを行う公明党青年委員会・矢倉克也委員長(同左)ら。右は斉藤鉄夫幹事長=11日午前、首相官邸(春名中撮影)
安倍晋三首相(中央)へ申し入れを行う公明党青年委員会・矢倉克也委員長(同左)ら。右は斉藤鉄夫幹事長=11日午前、首相官邸(春名中撮影)

 公明党青年委員長の矢倉克夫参院議員は11日、安倍晋三首相を官邸に訪ね、同委がまとめた新型コロナウイルス禍の社会像に関する提言を手渡した。テレワークを軸とした多様な働き方や、給付金支給に必要な行政手続きのオンライン化を進めるよう求めた。

 首相は「『ウィズコロナ時代』の新しい社会像に向け、思い切った改革で未来を切り開かなければならない」と述べた。

 提言は若年層の政治参画を促す方策として、政府や自治体の審議会への若者枠確保、「若者政策担当相」の新設も盛り込んだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ