PR

ニュース 政治

群馬で新たに8人感染 前橋、太田など

 群馬県などは10日、前橋市や太田市、藤岡市、富岡市、伊勢崎市、渋川保健所管内の10~40代の男女8人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。群馬県内の感染者は計234人(うち19人が死亡)となった。

 前橋市で感染が判明したのは40代会社員と、東日本製菓技術専門学校(同市)の10代専門学校生の女性2人。いずれも容体は安定している。

 会社員は7月28日以降、せきや37度台前半の熱などの症状があった。既に入院している。1人暮らしで濃厚接触者はいない。

 専門学校生は7月25日に自家用車で知人と県外へ出掛け、今月2日以降、喉の痛みや嗅覚障害などの症状が出た。入院予定で、濃厚接触者は同居家族2人。

 太田市では、既に感染が確認されていた50代男性の濃厚接触者で同居する家族2人の感染が判明した。入院を予定している。

 このうち40代女性は7月24日以降、自家用車で長野、栃木、埼玉の3県内へ出掛け、体の痛みや嗅覚異常といった症状が出た。容体は安定している。

 もう1人の20代男性は、50代男性の濃厚接触者として帰国者・接触者外来を受診し、感染が判明。無症状だという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ