PR

ニュース 政治

新党名「投票」提案に玉木氏納得せず 立民幹事長「やる気ないのか」

 記者団の質問に答える国民民主党の玉木代表=7日午後、東京・永田町の党本部
 記者団の質問に答える国民民主党の玉木代表=7日午後、東京・永田町の党本部

 国民民主党の玉木雄一郎代表は7日、立憲民主党との合流協議に関し、新党名について立民側が新代表を選ぶ選挙の際に候補者がそれぞれ希望の党名を訴えて投票で決める方式を提案したことに難色を示した。

 玉木氏は、代表選の投票用紙に党名も記入する理由が判然としないなどとして納得せず、平野博文幹事長に詳細を詰めるよう指示した。玉木氏は記者団に対し「消費税を含む経済政策、憲法についての基本的な考え方は一致させたい」と述べ、政策の一致も条件としたい考えも重ねて強調した。

 これを受け、立民の福山哲郎幹事長は記者団に「幹事長会談で整理してきた話で、解決済みの問題だ」と強調。「(玉木氏は合流を)やる気がないからいろいろなことを言われるのかなと思わざるを得ない」と牽制(けんせい)した。

 福山氏は7日の平野氏との幹事長会談で、「最終案」として投票案を提示していた。立民は当初、新党名「立憲民主党」、略称「民主党」とすることを提案。国民は民主的な手続きで決めるよう要求していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ