PR

ニュース 政治

コロナ対策困難なら「お盆休みの帰省控えて」 政府の対策分科会が呼び掛け

記者会見する新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長=5日午後、東京都内
記者会見する新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長=5日午後、東京都内

 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会(尾身茂会長)は5日、お盆の帰省のあり方に関する提言をまとめ、政府に提出した。帰省する場合は、手指消毒やマスク着用など感染防止策の徹底と「3密(密閉、密集、密接)」の回避を求めた。尾身氏は5日に記者会見し、対応が困難な場合には「帰省はできれば控えてほしい」と述べた。

 提言では帰省する場合について、大人数の会食など感染のリスクが高い状況を控えるなど、重症化しやすい高齢者への感染につながらないよう注意することも求めた。3密回避などの対応が難しい場合は「オンライン帰省を含め慎重に考慮してほしい」と明記した。最近、感染リスクが高い場所に行った人に対しても慎重に判断するよう促した。

 提言はこれらのメッセージを政府が国民に発信するよう求めた。これを受け、西村康稔経済再生担当相は5日の記者会見で、帰省について「一律に自粛を求めるものではない」と強調し、提言に沿った行動を呼びかけた。政府は近く開催する分科会で注意喚起のあり方を議論する予定だったが、お盆の時期が迫っていることから前倒しして提言をまとめた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ