PR

ニュース 政治

野党党首、国会召集要求で一致 衆院議長に文書提出へ

 立憲民主、国民民主、共産、社民の野党4党の党首らは30日、国会内で会談し、憲法53条に基づき臨時国会の召集要求を行う方針で一致した。31日にも召集決定を求める文書を大島理森衆院議長に提出する。

 立民の枝野幸男代表は会談後、記者団に対し、新型コロナウイルスの感染再拡大や豪雨災害を念頭に、「(戦後では)最も深刻な危機の状況にある」との認識を示し、「こうした局面で召集に応じなければ、憲法を無視する政権だと言わざるを得ない」と述べ、安倍晋三政権を批判した。

 一方、与党側は「何のために開くのかはっきりしない」(自民党の森山裕国対委員長)などと召集に否定的な姿勢を崩していない

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ