PR

ニュース 政治

政府、在留資格持つ外国人の再入国手続きを開始 

外務省
外務省

 外務省は29日、新型コロナウイルスの感染拡大で、渡航先から再入国ができなくなっていた外国人の再入国に向けた手続きを同日から、各国・地域の日本大使館などで始めると発表した。滞在先が入国拒否対象地域に指定される以前に日本を出国した在留資格保持者は、8月5日から日本への再入国が認められる。

 外務省によると、再入国の際には、居住国の日本大使館などが発給する「再入国関連書類提出確認書」や出国72時間以内に取得した新型コロナの陰性証明が必要となる。

 日本到着時にも、空港検疫でのPCR検査が必要となる上、公共交通機関を使用しないことや14日間の自宅等待機が求められる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ