PR

ニュース 政治

菅氏、ワーケーション普及に意欲「新しい旅行や働き方のスタイル」

会見に臨む菅義偉官房長官(春名中撮影)
会見に臨む菅義偉官房長官(春名中撮影)

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は27日、首相官邸で開かれた観光戦略実行推進会議で、旅行先で休暇を楽しみながら仕事にも取り組む「ワーケーション」の普及を促進する考えを示した。菅氏は「新しい旅行や働き方のスタイルとして普及に取り組んでいきたい。そのための整備などを支援する」と語った。

 菅氏は、新型コロナウイルスの感染拡大で大きな打撃を受けた観光業を立て直すために「まずは国内観光を安心して楽しんでもらう環境を作ることが必要だ」と強調した。

 また、訪日外国人客(インバウンド)については「戻ってくるまでの間、必要な準備をしていくことも重要だ」と指摘した。関係省庁に対しては「世界的な顧客リストを有するホテルの誘致を進めるほか、外国語の看板案内の充実、博物館のコンテンツの整備など、引き続き観光庁を中心に集中的に対応してほしい」と指示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ