PR

ニュース 政治

海自イージス艦の乗員感染 8月、米主催演習に参加

 海上自衛隊は21日、新型コロナウイルスへの感染が18日に確認された長崎県佐世保市の20代の男性隊員について、佐世保基地(同市)所属のイージス艦「あしがら」の乗員と明らかにした。

 感染者は他に確認されておらず、あしがらは8月17~31日、米海軍主催のハワイ沖での環太平洋合同演習(リムパック)に参加する予定。出国時期などに関し、海自は「保健所と相談する」としている。

 海自によると、隊員の感染は演習参加に向けて全乗員をPCR検査した際に判明した。他の乗員21人も濃厚接触者として隔離されたが、目立った症状はないという。

 あしがらと共にリムパックに参加する佐世保基地所属の護衛艦「いせ」の乗員はいずれもPCR検査で陰性だった。いせは今月23日に出発し、日本近海などで訓練をしながらハワイ沖に向かう。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ