PR

ニュース 政治

地方の意見書に積極的な取り組みを 参院自民がPT設置へ

 地方議会出身の自民党参院議員の有志は22日、地方議会から提出される意見書に対し、国会が積極的に取り組むことを求める要望書を世耕弘成参院幹事長に手渡した。世耕氏はプロジェクトチーム(PT)を立ち上げ、意見書の扱いなどを調査すると明言した。

 要望書では、意見書について「地域の抱える問題などを解決すべく、一致してその考えを中央に届けるものだ」と説明。その上で、各常任委員会に「地方問題に関する質疑日」の設置や、意見書を提出した議会に審査状況や政策への反映の報告などを求めている。

 元兵庫県議の末松信介参院国対委員長は「形骸化した意見書の在り方を改めてほしい」と要請。世耕氏は「(意見書の)国会での扱いについて、地方議員がどういう思いを持っているのか(PTで)ヒアリングするところから始めたい」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ