PR

ニュース 政治

携帯の乗り換え料金、廃止含め検討 総務省有識者会議

 総務省は21日、電話番号を変えることなく別の携帯電話会社に乗り換える「番号ポータビリティー(持ち運び)制度」を利用する際の手数料引き下げを検討する有識者会議を開いた。総務省は手数料の廃止や引き下げ、現在の水準維持の、三つの案を提示した。携帯会社を変更しやすくし、活発な料金競争を促す狙い。

 NTTドコモなど携帯大手が設定している手数料は一律で3千円(税別)。手数料が携帯各社による過度な利用者囲い込みになっているとの指摘があり、有識者会議で手数料を含む変更手続きの在り方について検討を進めている。

 総務省が提示した案では、手数料を引き下げる場合は、番号乗り換えの手続きにかかるコストを基準に設定するべきだとした。

 高市早苗総務相は「分かりやすく低廉な料金の実現に向けて取り組む」と携帯料金の引き下げに意欲を示している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ