PR

ニュース 政治

新党名は「民主的手続きで」 国民が立民に回答へ

記者会見で立憲民主党との合流について考えを述べる国民民主党・玉木雄一郎代表=16日午後、東京・永田町(春名中撮影)
記者会見で立憲民主党との合流について考えを述べる国民民主党・玉木雄一郎代表=16日午後、東京・永田町(春名中撮影)

 国民民主党の玉木雄一郎代表は16日の記者会見で、立憲民主党からの合流提案に関し「高く評価している」と述べ、交渉に前向きに応じる考えを示した。その上で新党名は立民提案の「立憲民主党」ではなく「民主的手続きで決める」などと逆提案する文書をまとめ、平野博文幹事長を通じて立民に回答する考えを明らかにした。

 回答では、党名の選び方のほか、国民が掲げてきた消費税率の時限的な5%への減税や、「立憲主義を深化させ、未来志向の憲法論議を進める」との方針を記し、賛同を求める。

 玉木氏は記者会見で、両党をいったん解党して新党を立ち上げるとした立民の提案について「高く評価しているし、枝野幸男代表の決断に賛同する」と述べた。「対等性が非常に担保される」として、掲げてきた「対等な立場」という条件を満たすとの考えを示した。

 ただ、党名については「せっかく新党がスタートするなら、投票など民主的な手続きを経て選ぶのがよい」と指摘。政策や理念に関しては「経済政策と憲法の基本的考え方については、新党を作る以上、一致点があるべきだ」と語り、回答で逆提案する方針を明らかにした。これに立民が応じれば新党結成に合意するかとの質問には「もちろんだ」と語った。

 国民は玉木氏の記者会見に先立つ執行役員会で、今後の交渉について玉木氏らに一任した。役員会では党名について「民主党」を推す意見が多数を占めたという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ