PR

ニュース 政治

「民主党」復活提案 立民、合流向け国民に 両党解散、新党立ち上げも

立憲民主党・福山哲郎幹事長=15日午後、国会内(春名中撮影)
立憲民主党・福山哲郎幹事長=15日午後、国会内(春名中撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 立憲民主党の福山哲郎、国民民主党の平野博文両幹事長は15日、両党の合流をめぐり国会内で会談した。福山氏は、両党がいったん解散し、新設合併方式で新党を立ち上げる形での合流を提案した。党名は「立憲民主党」、略称を「民主党」とする。平野氏は持ち返り、党内議論に付すとした。

 福山氏の提案は合併方式や党名のほか、結党大会で所属国会議員による代表選を実施▽綱領は両党で協議し、連合が検討中の「コロナ時代の社会のあり方」を十分に考慮に入れ作成▽その他の項目は昨年12月27日の両党幹事長の確認事項による-との計5項目。いったん両党が解散する方式をとる理由として、衆院での比例復活を含む無所属議員が入党しやすい環境を整備する狙いがある。

 国民は17日に開く衆参の両院議員懇談会などで立民の提案内容について議論する。平野氏は会談後、記者団に「(提案が)百点満点になっているとは到底、思えない」とした上で「改めて(国民から)提案する可能性も多分にある」と語った。

 両党は昨年末に合流協議を始めたが、今年1月にいったん破談。その後、水面下で協議を再開していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ