PR

ニュース 政治

沖縄の米軍、新たに36人感染 計136人に拡大

沖縄県宜野湾市の米軍普天間飛行場
沖縄県宜野湾市の米軍普天間飛行場

 沖縄県は15日、米軍基地キャンプ・ハンセン(金武町など)で新たに36人の新型コロナウイルス感染が確認されたと明らかにした。これで在沖縄米軍の感染者数は136人に拡大した。ただし県の感染者数には計上しない。

 県によると、15日正午現在で米軍から報告のあった感染者数は普天間飛行場(宜野湾市)71人▽キャンプ・ハンセン58人▽嘉手納基地(嘉手納町など)5人▽キャンプ・マクトリアス(うるま市)と牧港補給地区(浦添市)で各1人。

 クラスター(集団感染)が発生した普天間飛行場とキャンプ・ハンセンなどは現在封鎖されている。しかし感染者のうち少なくとも約20人が、感染が分かる前に基地外に出ていたとみられ、県は立ち寄り先などで体調不良者がいないか確認を急いでいる。

 一方、これまで日本人基地従業員17人が検査を受けたが、いずれも陰性だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ