PR

ニュース 政治

感染者増も4月とは状況異なる 衆院予算委で尾身氏

衆院予算委の閉会中審査で答弁する新型コロナ感染症対策分科会の尾身茂会長(左)。右は西村経済再生相=15日午前
衆院予算委の閉会中審査で答弁する新型コロナ感染症対策分科会の尾身茂会長(左)。右は西村経済再生相=15日午前

 衆院予算委員会は15日、新型コロナウイルス感染症対策などに関する閉会中審査を実施した。政府の新型コロナ感染症対策分科会の尾身茂会長は、現在の東京都などの新規感染者数の増加について、緊急事態宣言を発令した4月の状況とは異なるとの認識を示した。

 尾身氏は「(宣言前と)単純に比較できない」と述べ、現在は重症化している人が少なく、医療提供体制も改善していることや、検査対象を無症状者らに広げていることを指摘。「感染の広がりを示すカーブを見ると、緊急事態宣言の出た4月のカーブの立ち上がりは急峻(きゅうしゅん)だった。今回は穏やかな増加だ」と述べた。公明党の浜村進氏の質問に答えた。

 予算委には、西村康稔経済再生担当相らも出席。野党は東京都内の感染拡大を踏まえ、観光支援事業「Go To トラベル」や検査体制のあり方を追及する。

 6月17日の通常国会閉会後、衆院予算委での審議は初めて。参院予算委も16日、閉会中審査を行う。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ