PR

ニュース 政治

鹿児島知事に塩田氏初当選 自公推薦の現職ら6氏破る

 鹿児島県知事選で当選が決まり、花束を手に笑顔の塩田康一氏=12日夜、鹿児島市
 鹿児島県知事選で当選が決まり、花束を手に笑顔の塩田康一氏=12日夜、鹿児島市

 任期満了に伴う鹿児島県知事選は12日投開票の結果、新人で元九州経済産業局長、塩田康一氏(54)が、再選を目指した自民、公明推薦の現職、三反園訓氏(62)、元知事、伊藤祐一郎氏(72)ら計6氏を破り初当選した。

 投票率は49・84%で、参院選との同日選となった前回2016年の投票率56・77%を下回った。

 塩田氏は経産官僚としての約30年間の行政経験をアピール。産業振興策や県経済の立て直しを訴えたほか、現職や元職を念頭に「今でもない、前でもない」と県政刷新を掲げ支持を広げた。

 三反園氏は、自公両党の支援を受けた組織戦を展開した。ただ、選挙期間中に起きた新型コロナウイルスの感染者急増や豪雨被害への対応で公務に専念。政権幹部や閣僚の応援演説も制約された。伊藤氏は過去に3期12年務めた知事経験を前面に猛追したが、浸透しなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ