PR

ニュース 政治

山尾志桜里氏の入党を承認 国民民主

山尾志桜里衆議院議員=6月16日午後、国会内(春名中撮影)
山尾志桜里衆議院議員=6月16日午後、国会内(春名中撮影)

 国民民主党は8日の拡大総務会で、山尾志桜里衆院議員(愛知7区)の入党を承認した。党勢がふるわない同党にとって貴重な戦力となるが、山尾氏は3月に立憲民主党を「風通しが良くない」と離党したばかりで、野党連携には波乱要因になりそうだ。

 山尾氏は6月16日、平野博文幹事長に入党届を提出した。ただ、山尾氏は地元支持者らとの関係が悪化していることから党内に受け入れへの慎重論があり、調整に時間を要していた。

 このため選挙区の変更が取り沙汰されており、平野氏は総務会後「(選挙区は)全く白紙だ。決めたことには従っていただく」と記者団に語った。

 山尾氏は憲法をライフワークとしており、入党届を提出した直後の記者会見では「(国民は)憲法議論を前に進めていこうとするところが象徴的だ」と語っている。玉木雄一郎代表とも親しく、玉木氏は8日の記者会見で「得意分野で十分に力を発揮してもらいたい」と期待感を示した。

 一方で離党の経緯から、立民との関係は良好とはいえない。憲法へのスタンスをめぐり、立民や共産とのあつれきが強まる可能性もある。(千葉倫之)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ