PR

ニュース 政治

西村担当相「宣言再発出の状況ではない」 東京の感染増

 東京都の小池百合子知事と会談後、記者会見する西村経済再生相=4日午後、東京都千代田区
 東京都の小池百合子知事と会談後、記者会見する西村経済再生相=4日午後、東京都千代田区

 西村康稔経済再生担当相は4日の記者会見で、東京都内で100人超の新型コロナウイルスの新たな感染者が3日連続となったことに関し「今の時点で緊急事態宣言をただちに発出する状況にはないと判断している」と述べた。「若い人で無症状、軽症が多い。(検査の)陽性率もまだ低い。病床もしっかり確保できている」と説明した。「警戒すべき状況であることに変わりはない」とも語った。

 これに先立ち、西村氏は小池百合子都知事と都内で協議し、同様の認識を共有し、連携して対策を強化していくことで一致した。バーやクラブなど接待を伴う飲食店への対策として、事業者や利用者にガイドラインの順守を求め、接触確認アプリの利用を推奨することや、業務が集中している保健所への支援を強化することなどを申し合わせた。

 西村氏によると、協議の同席者から、宣言の再発出に関し「(感染が)増えているというだけで一律に適用することがないように」との意見があがったという。西村氏は「医療体制などをみながら総合的に判断する」と応じた。

 小池氏は都民に、他府県への不要不急の移動を自粛するよう要請したが、西村氏は会見で「都知事の責任において呼びかけをするということだと思う」と述べた。政府は移動制限を段階的に緩和していく方針で、西村氏は「国としては大きな方針に現時点で変更はない」とした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ