PR

ニュース 政治

自民、党員獲得に「河井夫妻事件がハードル」の声 「年1000人」了承も

自民党本部=東京・永田町(斎藤良雄撮影)
自民党本部=東京・永田町(斎藤良雄撮影)

 自民党は30日の総務会で、各国会議員に年間1000人の党員獲得を課す運動推進要綱案を了承した。全体の獲得党員数を120万人とする目標は維持し、1000人に届かなかった場合は引き続きペナルティーとして貢献金を納めさせる。

 要綱案は了承されたが、総務会では党員獲得について不満も噴出した。新型コロナウイルスの影響で勧誘活動がしにくい上、昨年7月の参院選をめぐる買収事件で前法相の衆院議員、河井克行容疑者と妻で参院議員の案里容疑者=いずれも自民党離党=が逮捕されたことを受け、党費納入が伴う党員集めは「大変厳しい状況だ」などの意見が出た。

 鈴木俊一総務会長は記者会見で「(事件についての)党員への説明責任は党にあるのではないかという意見が出た。そうした不満や思いにしっかり応えなければならない」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ