PR

ニュース 政治

川崎市の公印紛失 保管のコピー機ごと廃棄か

 川崎市は30日、産業振興部の中小企業溝口事務所で保管していた公印を紛失したと明らかにした。溶解処分されたコピー機の用紙トレー内に保管していたといい、誤って一緒に廃棄したとみられる。担当者は「不適切だった。施錠できる書棚で保管するなど管理を徹底する」と話している。

 市によると、紛失したのは中小企業融資制度の認定業務に使う「市長職務代理者印」。15年以上前からトレー内で保管していた。コピー機は5月13日にリース期間を終えて回収。この際に取り出し忘れたとみられる。

 今月24日に紛失が発覚。リース業者に問い合わせたが、コピー機は同9日に溶解されていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ