PR

ニュース 政治

安倍首相、ベトナムなど4カ国の出入国緩和を表明

通常国会の閉幕を受け、記者会見する安倍首相=18日午後、首相官邸
通常国会の閉幕を受け、記者会見する安倍首相=18日午後、首相官邸

 安倍晋三首相は18日、官邸で政府の新型コロナウイルス感染症対策本部会合を開き、感染状況が落ち着いているベトナム、タイ、オーストラリア、ニュージーランドの4カ国との間で出入国制限の緩和措置を進めることを表明した。入国前のPCR検査などが条件となる。首相は4カ国に加え「国内外の感染状況を総合的に勘案し、例外的な人の往来の対象となる国・地域を順次拡大する」とも述べた。

 政府は4カ国を含む計111カ国・地域を対象に実施している入国拒否などの水際対策は維持した上で、経営・管理者、技術者、技能実習生などビジネス関係者の例外的な往来を認める。入国希望者には、PCR検査やスマートフォンのアプリを使った位置情報の保存などの防疫措置を要請。滞在先や移動先、接触予定者を記載した活動計画書の提出も求める。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ