PR

ニュース 政治

「五輪中止も」「行きすぎた自粛には反対」 コロナめぐり早くも論戦、都知事選あす告示 

東京都知事選の立候補予定者による共同記者会見が、インターネットでライブ配信された。=17日午前
東京都知事選の立候補予定者による共同記者会見が、インターネットでライブ配信された。=17日午前

 任期満了に伴う18日告示の東京都知事選(7月5日投開票)に立候補予定者5人は17日、日本記者クラブが主催したインターネット中継による共同記者会見に臨み、新型コロナウイルス対策や東京五輪・パラリンピックなどについて論戦を交わした。

 小池百合子知事(67)は「喫緊の課題は国難ともいえるコロナ対策」と述べ、米疾病対策センター(CDC)にならった組織の立ち上げなどを訴えた。

 元日弁連会長の宇都宮健児氏(73)は五輪について「専門家が困難と判断した場合は中止を働きかける」と語り、浮いた予算をコロナ対策に回すとした。

 元熊本県副知事の小野泰輔氏(46)は「コロナ後に東京が大きく変わることが大事」として東京一極集中の是正を主張。4年後に五輪延期を提案した。

 れいわ新選組の山本太郎代表(45)は「補償なき自粛で多くの悲鳴を聞いた」と語り、地方債の発行によって生活支援を拡充すべきとの持論を展開した。

 NHKから国民を守る党の立花孝志党首(52)は「行き過ぎたコロナ自粛に反対する」と話し、死亡率の高い世代に絞った自粛要請を提案した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ