PR

ニュース 政治

万博出展テーマ「REBORN」に 2025年

大阪府庁で開かれた大阪・関西万博の有識者懇話会=16日午後、大阪市中央区(柿平博文撮影)
大阪府庁で開かれた大阪・関西万博の有識者懇話会=16日午後、大阪市中央区(柿平博文撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 2025年大阪・関西万博に出展する大阪府と大阪市の地元パビリオンの内容を検討する有識者懇話会は16日、新型コロナウイルスに対応した基本構想案を示し、生まれ変わりを意味する「REBORN」(リボーン)を出展テーマとすることに決めた。万博を機に生き方の見直しや意識の変容を促す。出席者は感染症対策で広がった「非接触」を踏まえ、オンラインや仮想空間の活用も議論した。

 吉村洋文知事は冒頭「社会経済活動を戻しながら、ウイルスとの共存を図っている。新型コロナに打ち勝つ万博を実現したい」と述べた。

 基本構想案では、コロナ禍で広がったテレワークやオンライン診療などを「新たな社会システムへの変化の兆し」として、感染症対策で終わらせず「生活の質(QOL)の向上につなげていくことが求められている」と指摘した。

 「REBORN」は、万博のメインテーマ「いのち輝く未来社会のデザイン」を踏まえた出展テーマだ。

 高橋政代・特別アドバイザーは、生まれ変わりに通じる「再生医療」に関し、「関西で治療できるイメージを戦略的に出すため、大阪館(パビリオン)で扱ってほしい」と述べた。

 非接触やソーシャルディスタンス(社会的距離)の考え方がコロナ後の社会で重要になるとして、オンラインや仮想空間での出展の可能性も論点となった。

 松井一郎市長は、試行的なバーチャル展示を会期前に公開して意見を募り「(本番に)反映させるのもありだ」と提案。「人工知能研究会/AIR」の佐久間洋司代表は「80億人がバーチャルの大阪館で生まれ変わりを体験できれば、すてきだ」と語った。

 基本構想案は9月ごろにまとめ、意見公募を経て本年度中に決定。府市は展示内容を具体化する実行委員会を来年度に発足させる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ