PR

ニュース 政治

国会ネット中継に手話通訳導入 バリアフリーPTが決定

 耳の不自由な人にも国会審議を理解してもらうため、参院議院運営委員会メンバーによる「バリアフリー化推進プロジェクトチーム(PT)」は16日、参院の本会議などのインターネット中継に手話通訳を導入することを決めた。来年の通常国会からの導入を目指す。

 PTでは国会参観を担当する衛視で、手話通訳ができる衛視の増員を事務局に要請することも確認した。

 大家敏志共同座長(自民)は記者会見で「耳の不自由な方々への国政の情報保障を一層強化し、参院をしっかりと見てほしいというのが今回の趣旨。今後も世界一開かれた参院に向けて邁進(まいしん)したい」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ