PR

ニュース 政治

西村担当相が「夜の街」コロナ対策の指針公表 客連絡先管理など

「夜の街」の感染対策の指針を発表する西村経済再生相=13日午前、東京・永田町
「夜の街」の感染対策の指針を発表する西村経済再生相=13日午前、東京・永田町

 西村康稔経済再生担当相は13日の記者会見で、過去に新型コロナウイルスの集団感染が発生したホストクラブを含む「夜の街」関連の飲食店やライブハウス、ナイトクラブの営業再開に向けたガイドライン(指針)を公表した。店内で感染が発生した場合、速やかに経路を特定するため、利用客の氏名と連絡先を記載した名簿の管理と一定期間の保存の徹底を求めた。

 東京・新宿などの繁華街ではクラスター(感染者集団)が相次いでおり、営業再開は指針の順守が前提となる。西村氏は指針について「従業員や客の健康、命を守るための取り組みだ」と強調した。

 指針は各業界団体が政府や専門家の助言を受け策定した。名簿管理のほか、対人距離を最低1メートル、できるだけ2メートル確保することや、テーブル、カウンターにアクリル板などで仕切りを設けることを求めた。入場者・利用客数は定員の半分程度か、それ以下とした。

 ホストクラブやキャバクラなどでは、従業員が客の横でカラオケやダンスを行う接客を当面自粛。ナイトクラブでは声量が大きくなり、つばなどの飛沫(ひまつ)の拡散を防ぐため、店内の音量は必要最小限に抑制する。ライブハウスでは演奏者と客との間を2メートル程度とし、客のハイタッチを避けるほか、チケットのオンライン販売の推奨を盛り込んだ。

 西村氏は指針の周知徹底のため14日に小池百合子都知事と協議する。都は19日に休業要請の全面解除を予定している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ