PR

ニュース 政治

香港情勢 中国から外交ルートで申し入れ 日本は改めて「深い憂慮」表明

参院予算委員会で答弁する菅義偉官房長官=11日午前、国会・参院第1委員会室(春名中撮影)
参院予算委員会で答弁する菅義偉官房長官=11日午前、国会・参院第1委員会室(春名中撮影)

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は11日午前の記者会見で、中国の香港への国家安全法制導入をめぐり、中国側から日本政府に対し外交ルートを通じて中国の立場に基づく申し入れがあったことを明かした。その上で「当方からは昨今の(香港の)情勢に対する深い憂慮を表明するとともに、わが国の立場を改めて申し入れた」と語った。

 また、菅氏は日中関係について「引き続き首脳会談などのハイレベルの機会を活用し、主張すべき点はしっかりと主張して懸案を一つ一つ解決し、中国側の前向きな対応を強く求めていきたい」と重ねて強調した。

 一方、安倍晋三首相が表明している先進7カ国(G7)による共同声明の作成については「適切なメッセージの発信などを行っていくべく、(関係国と)連携する」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ