PR

ニュース 政治

巨額予備費は長期戦を視野 野党は「財政民主主義に反する」と批判 2次補正審議入り

 2次補正予算案は、従業員への休業手当の一部を助成する「雇用調整助成金」の日額上限引き上げなどで4519億円、事業者の家賃負担を軽減する「家賃支援給付金」の創設に2兆242億円を計上した。緊急事態宣言は解除されたが、雇用環境は急速に悪化し、売り上げが減少する中小企業などには家賃や人件費など固定費負担が重荷になっているためだ。

 医療提供体制の強化として2兆9892億円も計上した。感染の再拡大に備えるため、医療従事者らへの慰労金支給に加え、新型コロナ患者専用病棟の設置や病床の確保などを支援する。

 首相は感染再拡大などの可能性を念頭に「今後の長期戦の中では、事態がどのように推移するかについて予見しがたい」と強調。過去に例のない歳出規模となったことに理解を求めた。(田村龍彦)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ