PR

ニュース 政治

日商の三村会頭 5月の消費は「さらに深刻」 

会見する日本商工会議所の三村明夫会頭=6月5日、東京都千代田区(平尾孝撮影)
会見する日本商工会議所の三村明夫会頭=6月5日、東京都千代田区(平尾孝撮影)

 日本商工会議所の三村明夫会頭は5日の記者会見で、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた4月の消費支出が過去最大の減少率だったことに関連し、「(5月は)実感としては4月よりも深刻になっている」との見通しを示した。

 三村氏は4月の消費低迷について「行動自粛の反映」と説明。旅行や鉄道、航空、外食などの産業で消費が落ち込み、「それが製造業の生産減にもつながることで、幅広い産業に影響が出ている」と分析した。その一方で4月は「企業が雇用を切らないで何とか耐えている」との見方も示した。

 また、政府の2次補正予算案で予備費が10兆円と大規模になっていることについては、状況が不確定な中での備えとして「理解できる」と述べ、政府の方針を支持した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ