PR

ニュース 政治

首相、予備費10兆円の妥当性強調 「長期戦見据え臨機応変に対応」

出邸する安倍晋三首相=4日午前、首相官邸(春名中撮影)
出邸する安倍晋三首相=4日午前、首相官邸(春名中撮影)

 安倍晋三首相は4日の参院厚生労働委員会で、令和2年度第2次補正予算案に計上した10兆円の予備費について、今後の新型コロナウイルスへの対応に万全を期すためだと説明した。「(新型コロナには)長期戦を見据え、状況の変化に応じて臨機応変に時機を逸することなく対応することが必要だ」と述べた。野党は予備費が高額で政府への白紙委任は認められないなどとして減額を求めている。

 首相は野党議員が「財政民主主義を踏みにじる」と批判したのに対し「それは違う」と反論。使途については「国会で議決いただいた範囲に限定し、感染拡大防止策に要する経費など新型コロナにかかる緊急を要する経費に限ることとしている」と説明した。具体的な使途は「現時点で予見は困難だが、必要な予算に不足が生じた場合に備え、万全の対応をとりたい」と強調した。

 予備費は具体的な使途を定めずに計上する経費。内閣の判断で支出でき、国会に事後承諾を得ることになっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ