PR

ニュース 政治

国民・玉木代表、ネット中傷規制に慎重「正当批判封じる」

国民民主党・玉木雄一郎代表(春名中撮影)
国民民主党・玉木雄一郎代表(春名中撮影)

 国民民主党の玉木雄一郎代表は27日の記者会見で、会員制交流サイト(SNS)などインターネット上の誹謗(ひぼう)中傷への対策強化に慎重な考えを示した。「表現の自由に対する配慮も必要だ。正当な批判を封じる可能性もあり、拙速に規制を強化すればいいという話ではない」と述べた。

 ネット投稿をめぐっては、中傷を受けていた女子プロレスラー木村花さんの死去を受け、対応を求める声が上がっている。

 玉木氏は、検察庁法改正案に対するSNS上の反対拡大が政府に今国会成立を断念させた経緯に言及。「誹謗中傷や差別は許されないが、政権批判も含めて規制がかかると健全な民主主義の発展にマイナスになる」と語った。問題投稿への対策はSNSサービス提供者側の自主規制を進めるよう促した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ