PR

ニュース 政治

法務省内に検察刷新会議設置 森法相発表、黒川氏辞職受け

衆院法務委員会で答弁を行う森雅子法相=26日午前、国会・衆院第16委員室(春名中撮影)
衆院法務委員会で答弁を行う森雅子法相=26日午前、国会・衆院第16委員室(春名中撮影)

 東京高検の黒川弘務前検事長(63)が、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言中に産経新聞記者らと賭けマージャンをしていたと報じられ辞職した問題をめぐり、森雅子法相は26日午前の記者会見で、信頼回復に向けた「法務・検察行政刷新会議(仮称)」を法務省内に設置すると発表した。

 森法相は、安倍晋三首相から信頼回復に尽力するよう指示を受けて会議を設置することにしたと明かし、「法務・検察が適正に役割を果たしていくためには国民の皆さまからの信頼が不可欠だ」と強調。具体的な内容などについては今後調整して説明するとした。

 また、黒川氏の訓告処分を決定した経緯については、法務・検察サイドで決定した後、内閣から「異論はない」と回答を得たとの安倍首相や菅義偉官房長官の説明を踏襲。処分を決定したのは「あくまで法務省及び検事総長だ」とした。

 黒川氏の退職金については、非違行為による自己都合退職に当たるとして訓告処分でも減額されると説明。具体的な金額については明かさなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ