PR

ニュース 政治

政府、黒川氏処分「官邸関与」を否定

会見に臨む菅義偉官房長官=25日、首相官邸(春名中撮影)
会見に臨む菅義偉官房長官=25日、首相官邸(春名中撮影)

 菅義偉官房長官は25日の記者会見で、賭けマージャンで辞職した黒川弘務前東京高検検事長への訓告処分をめぐり、法務省は懲戒が相当としたのに官邸が懲戒にしないと結論付けたとする共同通信の報道について「法務省から任命権者である内閣に(訓告にするとの)報告があり、法務省の決定に異論がないと回答した」と述べ、否定した。

 これに関連し、森雅子法相は25日の参院決算委員会で、法務省が調査結果を踏まえ、訓告相当と黒川氏の監督者である稲田伸夫検事総長に伝え、稲田氏も相当として処分が決まったと説明した。森氏は処分にあたり「法務省内、内閣とも協議を行った」とも述べた。

 政府関係者によると、法務省の辻裕教事務次官が直接、黒川氏に事実関係を聞き取り、東京高検も個別に調査を行った。その上で、辻氏が森氏に東京高検とも協議した結果として「訓告処分が相当」と報告。森氏も含め、省内で協議した結果、辻氏の報告を省の意見としてまとめ、官邸側に伝えたという。

 立憲民主党の安住淳国対委員長は25日、自民党の森山裕国対委員長と会談し、衆参両院の予算委員会で集中審議を開くよう求めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ