PR

ニュース 政治

黒川氏訓告処分は「法務省と検事総長が決定」 菅長官

会見に臨む菅義偉官房長官=25日、首相官邸(春名中撮影)
会見に臨む菅義偉官房長官=25日、首相官邸(春名中撮影)

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は25日午前の記者会見で、賭けマージャンで辞職した黒川弘務前東京高検検事長の処分をめぐり、法務省は国家公務員法に基づく懲戒が相当と判断していたが、首相官邸が懲戒にはしないと結論付け、法務省の内規に基づく「訓告」となったとする一部報道について「法務省の調査結果や黒川氏の処分内容は、あくまでも法務省と(稲田伸夫)検事総長が決定したものだ」と述べ、報道内容を否定した。

 菅氏は、黒川氏の処分は「法務省が21日に(稲田)検事総長に対し、訓告が相当と考える旨を伝え、検事総長においても訓告が相当と判断して処分した」と説明。「同日、法務省から任命権者である内閣に報告があり、法務省としての決定に異論がない旨回答した」と語り、安倍晋三首相や菅氏への報告は法務省の決定後だったと強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ