PR

ニュース 政治

外務省、新たに11カ国を渡航中止勧告指定

外務省
外務省

 茂木敏充外相は22日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染が拡大しているインドやパキスタンなど11カ国に対する感染症危険情報を新たに「レベル3」に指定し、渡航中止を勧告すると発表した。政府は近く、これらの国からの外国人の入国拒否を決定する見通し。

 他に指定されたのは、中南米のアルゼンチンやエルサルバドル、アフリカのガーナやギニア、南アフリカなど。すでに指定されている米国や中国、韓国などと合わせ、レベル3は計111カ国・地域となった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ