PR

ニュース 政治

森法相が進退伺、首相は慰留

記者会見で安倍晋三首相に進退伺を提出したと表明する森雅子法相=22日午前、国会(宮野佳幸撮影)
記者会見で安倍晋三首相に進退伺を提出したと表明する森雅子法相=22日午前、国会(宮野佳幸撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 森雅子法相は22日午前の会見で、東京高検の黒川弘務検事長(63)が新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言中に、東京都内で産経新聞記者らと賭けマージャンをしていたと報じられた問題について、責任を取る形で安倍晋三首相に進退伺を提出したと明らかにした。首相は「検察の損なわれた信頼を回復するために、引き続き職務に当たってもらいたい」と慰留したという。

 森法相は提出した理由を「(黒川氏の)定年延長の閣議請議を行ったのは私で、今般の行動に責任を感じいる」と説明。一方で、「法務行政を停滞させることなく進め、検察の立て直しをしなければならないという思いに至った」と辞任しない意向を示した。

 森法相は今回の問題について「はなはだ不適切であり、強い遺憾の意を覚える」と述べ、「国民の皆さまに憤り、不安を与え、検察や行政に対する信頼を損ねた」と陳謝した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ