PR

ニュース 政治

黒川検事長が辞表提出 賭けマージャン認め訓告処分

東京高等検察庁が入居する中央合同庁舎第6号館A棟=21日、東京都千代田区(川口良介撮影)
東京高等検察庁が入居する中央合同庁舎第6号館A棟=21日、東京都千代田区(川口良介撮影)

 東京高検の黒川弘務検事長(63)が新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が続いていた今月、東京都内で産経新聞記者らと賭けマージャンをしていたと週刊文春に報じられた問題で、森雅子法相は21日、黒川氏が賭けマージャンをしていたことを認め、訓告処分にしたと明らかにした。黒川氏は同日、安倍晋三首相に辞表を提出した。22日の閣議で辞職が承認される見通し。

 黒川氏は21日夜、「報道された内容は、一部事実と異なる部分もありますが、緊急事態宣言下における私の行動は、緊張感に欠け、軽率にすぎるものであり、猛省しています。このまま検事長の職にとどまることは相当でないと判断し、辞職を願い出たものです」とのコメントを出した。安倍首相は「首相に当然責任がある。批判は真摯(しんし)に受け止めたい」と語った。

 週刊文春の報道によると、黒川氏は緊急事態宣言が出されていた今月1日夜、東京都中央区内にある産経新聞社会部記者宅を訪問。産経記者2人や朝日新聞社員と6時間半にわたって賭けマージャンをした後、産経記者がハイヤーで目黒区内の黒川氏宅まで送ったなどとしている。13日にも同様の行動があったなどと報じた。

 森法相は21日夕に首相官邸を訪れ、安倍首相に法務省の調査結果などを報告。その後、記者団の取材に応じ、黒川氏が1日と13日、報道関係者3人とマンションの一室で金銭を賭けてマージャンをしたことを認めたとの調査結果を明らかにした。「不適切というほかなく遺憾。監督上の処分として訓告にした」とし、後任人事については「速やかに決める」と述べた。

 訓告は国家公務員法に基づく懲戒処分でなく、内規に基づく処分。退職金は支給される見通し。今後は稲田伸夫検事総長(63)の監督責任も焦点となる。黒川氏の後任は名古屋高検の林真琴検事長(62)らが候補に挙がっている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ