PR

ニュース 政治

賭けマージャン、1日と13日の2回 法務省が衆参に調査結果報告

東京・霞が関の法務省庁舎(桐原正道撮影)
東京・霞が関の法務省庁舎(桐原正道撮影)

 法務省は21日、衆参両院の法務委員会理事懇談会で、週刊文春に賭けマージャン疑惑を報じられた東京高検の黒川弘務検事長に対する聞き取り調査の結果を報告した。黒川氏が今月1日と13日に賭けマージャンを行った後、費用を払わずにハイヤーに乗車したことを認めた一方、両日以外の賭けマージャンとハイヤー送迎の事実の認定には至らなかったと説明した。

 報告は、宮崎政久法務政務官らが行った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ