PR

ニュース 政治

首相「批判は真摯に受け止める」 黒川検事長辞表提出、責任認める

 黒川氏の司法修習同期は優秀な人材が集まり「花の35期」と呼ばれた。黒川氏は林真琴・名古屋高検検事長(62)とともに早くから検事総長の有力候補として名前が挙がっていた。

 昨年1月、検察ナンバー2の東京高検検事長に就任。検察庁法は検察官の定年を検事総長は65歳、それ以外は63歳と規定しており、黒川氏は63歳の誕生日前日の今年2月7日に定年を迎える予定だった。しかし、政府は1月31日の閣議で黒川氏の勤務を8月7日まで半年間延長することを決定。検事長の定年延長は極めて異例で、稲田伸夫検事総長(63)の後任に充てるためとみられた。

 政府・与党は人事院勧告を受け、検察官の定年を他の国家公務員に合わせるのを目的に検察庁法改正案の今国会の成立を目指した。しかし、内閣や法相が認めれば幹部ポストを最長で3年間延長できる特例規定と、直接は関係のない黒川氏の定年延長と結び付けられて批判が広がった。政府・与党は国民の理解が得られないと判断し、成立を断念した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ