PR

ニュース 政治

菅長官「事実関係を確認中」 検察庁法改正案は必要

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は21日午前の記者会見で、東京高検の黒川弘務検事長(63)が産経新聞社会部記者、朝日新聞社員と賭けマージャンをしていたと報じられた問題に関し「法務省で現在、事実関係を確認している」と述べるにとどめた。

 一方で、今国会で成立を見送った検察庁法改正案については「高齢期職員の知識や経験などを最大限に活用して複雑・高度化する行政課題に的確に対応するために、一般の国家公務員の定年を引き上げることを目的としている」と強調し、同法改正案が必要だとの認識に変わりはないとした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ