PR

ニュース 政治

韓国検察、元慰安婦支援団体を強制捜査 不正会計疑惑で

20日、疑惑で批判の渦中にある正義連はソウルの日本大使館前で恒例の抗議集会を開いた(名村隆寛撮影)
20日、疑惑で批判の渦中にある正義連はソウルの日本大使館前で恒例の抗議集会を開いた(名村隆寛撮影)

 【ソウル=名村隆寛】韓国の元慰安婦支援団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連)での不正会計疑惑で、検察当局は20日、強制捜査に踏み切り、ソウル市内の正義連本部を捜索した。

 正義連をめぐっては、元慰安婦の女性が今月7日、「募金がどこに使われているか分からない」と元慰安婦のための募金・寄付金の使途に疑惑があることを明らかにした。以後、韓国では正義連の不明朗な飲食費の会計記録や、亡くなった元慰安婦による奨学金の正義連幹部の子弟らへの優先支給などの疑惑が連日報じられ、複数の市民団体が前理事長の尹美香(ユン・ミヒャン)氏(55)を告発していた。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ