PR

ニュース 政治

新型コロナのワクチン実用化「年越える」 政府専門家会議の脇田氏

衆院予算委の参考人質疑に臨む(手前から)政府諮問委員会の尾身茂会長、政府専門家会議の脇田隆字座長、慶応大の竹森俊平教授=20日午後
衆院予算委の参考人質疑に臨む(手前から)政府諮問委員会の尾身茂会長、政府専門家会議の脇田隆字座長、慶応大の竹森俊平教授=20日午後

 新型コロナウイルス感染症に関する政府の専門家会議座長を務める脇田隆字国立感染症研究所長は20日の衆院予算委員会で、ワクチンの実用化の時期について年内は難しいとの見通しを示した。「年を越えるということになろうかと思う」と述べた。

 脇田氏は、世界各国でワクチンの開発が急ピッチで進んでいる状況に触れつつ、「ワクチンは健康な方に投与するので、有効性だけでなく、安全性が重要だ。臨床試験をやって安全性を確認するのが重要なので、どうしても時間がかかる」と説明した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ