PR

ニュース 政治

WHO総会の米中対立に言及避ける 菅官房長官

記者会見に臨む菅義偉官房長官=19日、首相官邸(春名中撮影)
記者会見に臨む菅義偉官房長官=19日、首相官邸(春名中撮影)

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は19日の記者会見で、新型コロナウイルス対応をめぐり、米中が世界保健機関(WHO)総会で対立したことに関し「日本以外の国の間のやりとりなのでコメントは控えたい」と言及を避けた。その上でWHO総会を「国際社会が協力に向けたメッセージを発信する機会とするべきだ」と訴えた。

 WHOのコロナ対応について、事態が収束後に各国が納得するような検証をすべきだと改めて強調。「公平、独立、包括的に行われることが大事だ」と述べた。

 今回の総会に台湾がオブザーバー参加できなかったことに対しては「残念だ。わが国は公衆衛生の成果を上げた地域として台湾にも言及し、国際保健の課題対応で、地理的空白を生じさせるべきではないと主張してきた」と指摘した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ