PR

ニュース 政治

【栃木・鹿沼市長選 候補者の横顔】石下友彦氏 無新 「攻めの姿勢で未来へ投資」

鹿沼市長選へ立候補した無所属新人・石下友彦氏=4月28日、鹿沼市上殿町の選挙事務所(根本和哉撮影)
鹿沼市長選へ立候補した無所属新人・石下友彦氏=4月28日、鹿沼市上殿町の選挙事務所(根本和哉撮影)

 24日に投開票が行われる鹿沼市長選はいずれも無所属で、新人の元国会議員秘書、石下(いしげ)友彦氏(47)=自民、公明推薦=と、4選を目指す現職の佐藤信氏(73)の2氏が立候補している。候補者の横顔を紹介する。

 「これほど多くの人に出会える仕事はない」。23年間務めた国会議員秘書の仕事を通じ、政治の世界の面白さを体感した。出馬のチャンスに迷うことはなく、裏方から表舞台へ打って出る覚悟を決めた。

 高校卒業後、西川公也前衆院議員、上野通子参院議員に仕えた。郵政民営化や安保関連法案の審議など、国政の重要局面を経験。県内の各選挙でも票集めに奔走してきた。「中央との太いパイプと豊富な経験が強み」と自負する。

 約30年住む鹿沼市の衰退を実感。状況を変えるべく、「攻めの姿勢が必要だ」と語気を強める。最優先に取り組むのは、昨年の台風19号被害からの復旧のスピード化。「まだ完了していないのはともかく、手を付けるのも遅すぎた」と現市政を批判し、県や国と密接に連携した対応を打ち出す。

 公約のもう一つの柱は未来投資。小中学生の給食費半額補助、高校生までの医療費無料化といった政策で、人口減少対策や雇用創出を目指す。「他の街と同じことをしていてはだめ。現状維持は衰退と同じだ」と強調し、積極的な財政拠出を行う構えだ。

 学生時代はサッカーに打ち込んだが、現在の趣味は「仕事」。「休みがないことを苦だと思ったこともない」という。妻、娘、息子の4人暮らし。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ