PR

ニュース 政治

知事めぐり飛び交うツイート 際立つ吉村氏への注目度

 新型コロナウイルス対策をめぐり、都道府県で陣頭指揮に当たる知事たち。状況に応じた対応ぶりに注目が集まる中、ツイッター上でも知事の名前がひんぱんに飛び交っている。産経新聞が9~10日にツイッターに投稿された「知事」などの用語を含むツイート約2万2千件を解析してみると、3割が大阪府の吉村洋文氏に関する投稿で、注目度の高さが改めて浮き彫りになった。投稿をAI(人工知能)などで解析すると各知事の評価は分かれるが、ツイート数が少なくても高評価を集める知事も。知事たちの一挙手一投足に、関心が高まっている。(渡部圭介、杉侑里香)

際立つ存在感

 知事名ごとに集計すると、投稿が最も多いのは大阪府の吉村氏に関するもので7041件。2位の東京都の小池百合子氏(1366件)を大きく上回った。3位は愛知県の大村秀章氏(710件)、4位は北海道の鈴木直道氏(398件)、5位は鳥取県の平井伸治氏(278件)だった。

 独自の解除基準「大阪モデル」など、分かりやすい対策を次々と打ち出す吉村氏。そうした姿勢や取り組みに触れたツイートから無作為に抽出した100件を、AIを使った文章判定プログラムなどを使って「好意的」「中立」「批判的」の3種に分類すると、好意的な投稿は67%、批判的は25%だった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ