PR

ニュース 政治

安倍首相、検察庁法改正案は「疑惑逃れが動機ではない」

参院本会議で国民年金法改正案について答弁を行う安倍晋三首相=15日午前、国会(春名中撮影)
参院本会議で国民年金法改正案について答弁を行う安倍晋三首相=15日午前、国会(春名中撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 安倍晋三首相は15日、参院本会議で、検察官の定年を引き上げる検察庁法改正案について、「内閣の恣意(しい)的な人事が行われることはなく、自らの疑惑追及を逃れることが改正の動機の一つといったご指摘も全く当たらない」と述べた。無所属の芳賀道也氏の質問に対する答弁。

 首相は同法改正案について「他の国家公務員と同様、任命権者である内閣または法務大臣が行うこととし、特例などが認められる要件は事前に明確化することとしている」と説明した。

 一括上程されている国家公務員法改正案から切り離して別に審議するべきとの求めに対しては「法案の審議スケジュールは国会でお決めいただくことであり、政府としてコメントすることは差し控える」と答えた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ