PR

ニュース 政治

「長期戦を覚悟」「感染拡大なら再指定」 参院本会議で安倍首相

参院本会議で国民年金法改正案について答弁する安倍晋三首相=15日午前、国会(春名中撮影)
参院本会議で国民年金法改正案について答弁する安倍晋三首相=15日午前、国会(春名中撮影)

 安倍晋三首相は15日の参院本会議で、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急事態宣言を39県で解除したことについて「有効な治療法やワクチンの開発までこのウイルスとの戦いは長期戦を覚悟する必要がある。感染のリスクをできる限りコントロールしながら、日々の暮らしを一歩一歩取り戻してほしい」と述べた。

 同時に「第2波、第3波の可能性に常に備える必要がある。感染が拡大し蔓延(まんえん)の恐れがあると判断された場合は再度、緊急事態宣言の対象区域に指定する事態になりかねない」と指摘。「社会経済の本格的回復と感染拡大の抑制を同時に図っていくための新たな日常を国民の協力を得ながら作り上げていかなければならない」と強調した。

 令和2年度第2次補正予算案の編成に関しては「厳しい状況にある家庭や事業者を徹底的に下支えしていく」と語った。医療面では「抗原検査の活用や唾液を使ったPCR検査を含め、スムーズに検査を実施するための体制を整えるとともに、治療薬の開発を進め、感染者の増大に対応できる医療提供体制を確保し、万全の準備を進めていく」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ