PR

ニュース 政治

衆院内閣委 法相出席で合意 検察定年延長 攻防山場

 自民党の森山裕、立憲民主党の安住淳両国対委員長は14日、国会内で会談し、検察官の定年を引き上げる検察庁法改正案をめぐり、15日に衆院内閣委員会へ森雅子法相の出席を求め、質疑を行う日程で合意した。与党は15日の内閣委で採決も行いたい考えだが、野党は採決を強行すれば内閣委員長解任決議案などで対抗する構えを見せており、攻防は山場を迎えている。

 野党は、政府が認めれば検察幹部の定年を延長できる規定について、恣意(しい)的な人事が可能になるなどとして反発している。安住氏は森山氏に「(延長の)基準を森氏が明確に示さない限り、採決には応じられない」と伝えた。

 改正案は国家公務員法改正案と一体で審議されている。13日の内閣委では、答弁に立った武田良太国家公務員制度担当相の説明に野党が納得せず、途中退席。検察を所管する森氏の出席を改めて要求していた。

 15日の内閣委は、13日の質疑の残り部分を実施した後、森氏が出席して質疑が行われる見込み。

 森山氏はこれまで森氏の内閣委出席には否定的だったが、ツイッター上で改正案への抗議が広がり、野党が強硬姿勢に出る中、国会審議を前に進めるために譲歩した形だ。

 与党は当初予定していた週内の改正案の衆院通過も来週に持ち越した。ただ、6月17日の会期末に向け、令和2年度第2次補正予算案の審議なども控えており、「(改正案に)多くの時間を費やす余裕はない」(国対筋)のが実情だ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ