PR

ニュース 政治

首相「恣意的な人事はない」 検察庁法改正案

 安倍晋三首相は14日の記者会見で、検察官の定年を延長する検察庁法改正案について、検察官は強い独立性を持っているものの行政官であり、三権分立が侵害されることはないとした上で「従来と変わりない。恣意(しい)的な人事が行われることは全くないと断言したい」と述べた。

 また、今回の改正と関わりがあるとして批判が広がっている黒川弘務東京高検検事長の人事についての質問に対しては「私がここでそれを申し上げることは恣意的になるのではないか。今の段階では申し上げることはできない」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ