PR

ニュース 政治

復興庁延長法案が審議入り 被災地支援へ10年間

 東日本大震災の被災地支援を継続するため、復興庁の設置期限を令和12年度末まで10年間延長することなどを定めた法案が14日、衆院本会議で審議入りした。現行法は2年度末で廃止となっており、政府は早期成立を目指す。

 法案では、これまで同様、復興庁に専任閣僚を置き、復興予算は一般会計から切り離した特別会計で管理する。一方、規制の特例や税優遇の対象となる地域は絞り込むほか、インフラ復旧に充てられてきた復興交付金は2年度で廃止する。

 政府が昨年12月に決定した復興基本方針は、東京電力福島第1原発事故の被災地に関し当面10年間の支援を明記。地震や津波の被災地は3年度から5年間での事業完了を目指すとした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ