PR

ニュース 政治

9月入学に慎重 枝野氏「制度変更の余力ない」

立憲民主党・枝野幸男代表=国会・衆院第1委員室(春名中撮影)
立憲民主党・枝野幸男代表=国会・衆院第1委員室(春名中撮影)

 立憲民主党の枝野幸男代表は8日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う一斉休校を受けた「9月入学・新学期」の導入に慎重な考えを示した。

 一斉休校による教育現場の混乱や負担増などを指摘し、「学力格差が生じないためという視点自体は意義があるが、大規模な制度変更を同時にする余力は現実にはないだろう。強行すれば、子供たちの学ぶ機会を確保する意図と反する結果になるのではないか」と述べた。

 9月入学・新学期導入をめぐっては、立民と統一会派を組む国民民主党が提言を取りまとめている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ