PR

ニュース 政治

共産・志位氏「検査増加が大前提」 緊急事態宣言の解除基準で指摘 

共産党・志位和夫委員長(春名中撮影)
共産党・志位和夫委員長(春名中撮影)

 共産党の志位和夫委員長は7日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急事態宣言をめぐり、安倍晋三首相が解除の可否を検討する判断基準を設ける考えを示したことに対し、PCR検査数の大幅な増加が不可欠だとの認識を示した。「(解除は)感染の現状をより正確に把握することが大前提だ。現状は一部しかつかめていない」と述べた。

 志位氏は「今見えているのは氷山の一角で、海の中にある感染の実態はわからない。氷山の一角だけで判断するのは非常に危ういことになる」と強調した。

 また、「(成立した令和2年度)補正予算では到底現状を打開し、収束に導く十分な内容でない」として、政府に第2次補正予算案の早期編成を求めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ